Pocket

JRSKISKI(以下JRスキー)のCMは、
毎年注目され話題となります。

またそのCMへ挿入される曲も、
そのアーティストを代表する名曲ばかり。

過去にどんなCM曲があったのでしょうか?

PV動画なども交えて、
振り返ってみたいと思います。

スポンサードリンク

1990年代

ZOO(91年~95年)

1991年~1995年はZOOがCMに起用され、
使われている曲もZOOのものでした。

1991年 Choo Choo TRAIN
作詞:佐藤ありす 作曲:中西圭三

1992年 YA-YA-YA
作詞:佐藤ありす 作曲:横山輝一

1993年 Ding Dong Express
作詞:佐藤ありす 作曲:羽田一郎

1994年 Angelic Dream
作詞:佐藤ありす 作曲:上田知華

 

1989年に行われたダンス番組に参加したダンサーが
集まって出来たのがZOOでした。

中西圭三さんが作曲を手掛けた、
”Choo Choo TRAIN”はホント人気でしたね♪

現在はEXILEがカバーしており、
代表曲の一つです。

リーダーのHIROさんがZOOのメンバー
だったことも有名な話です。

 

しかしながらZOOは6年という短い活動期間で、
解散をしてしまいました。

「プライベートではお互い仲良くやっていたが、仕事上では求めるそれぞれに趣味も違えば、求める方向性も違う」ため、HIROが「もう、やめちゃいましょうか」と切り出した事による解散である。またHIRO自身も「もう売れないよな・・とは解散のだいぶ前から思ってましたよ」と認めており、92~93を境にセールスは後退していた。そうなった理由としてプロとしての自覚が全くなかったと述べている。

出典元:バンド臨終図鑑

 

”プロとしての自覚”
これ重い言葉ですね...

自分の求める所が、
財産なのか?
ダンスや歌なのか?

それとも、
応援してくれるファンのためなのか?

でもこれだけ売れたんですから、
一つの成功の形なのではないでしょうか?

globe(95年~97年)

1995年~1997年のCMには女優さんや俳優さんが起用され、
globeの楽曲が採用されました。

どんな女優さんや俳優さんが起用されたのか、
気になった方はこちらで紹介しています。
JRSKISKIの歴代CMまとめ!出演した女優や俳優の情報も!

 

1995年 Departures
作詞・作曲:小室哲哉

1996年 Can’t Stop Fallin’in Love
作詞:小室哲哉&MARC 作曲:小室哲哉

 

メンバーは小室哲哉さん、マーク・パンサーさん、
そしてKEIKO(山田桂子)さん。

KEIKOさんは現在小室哲哉さんの奥さんですね。

 

1995年に小室さんが行ったオーディションで、
参加したKEIKOさんはあろう事かステージから転落。

ですがその転落に臆さず何事もなかったかの様に
オーディションを続けるKEIKOさんの
”タフネスさ”に感銘を受けたとか。

またそれだけではなく、
”歌にバランス”
”声にブース”

を感じたと当時の小室さんが語っていたそうです。

 

確かにKEIKOさんの声量の大きさには、
驚きを隠せません。

彼女の歌を聞いていると、
歌いたくなっちゃいますよね~♪

浜田雅功(97年~98年)

1997年 春はまだか
作詞・作曲:奥田民生

 

人気お笑いコンビ、
ダウンタウンの浜ちゃんですね!

このPVの中では浜ちゃんと民生さんが、
鉄棒対決をしています。

さてさて、どっちが勝ったのでしょうか?w

GLAY(98年~99年)

1998年 Winter,again
作詞・作曲:TAKURO

 

1994年にメジャーデビューをした、
ヴィジュアル系ロックバンドです。

メンバーはJIROさん、HISASHIさん、TERUさん、TAKUROさんの
4人で構成されています。

 

99年には幕張メッセでの単独コンサートで、
20万人を動員し有料ライブとしては世界記録を樹立

また96年から21年連続で、
オリコン週間シングルランキングトップ10入りを果たしている、
もんの凄いバンドなんですよ♪

2000年代

木村カエラ(06年~07年)

2006年 Snowdome
作詞:木村カエラ 作曲:BEAT CRUSADERS

 

歌手兼ファッションモデル兼女優さんでもある、
木村カエラさんはJRスキーのCMにも出演されています。

CMの様子はこちらで紹介しています。
JRSKISKIの歴代CMまとめ!出演した女優や俳優の情報も!

 

モデルとしての初仕事は、
ナント小6の時。

若者の街、原宿でカットモデルとしてスカウトされ、
雑誌”CUTiE”の読者モデルになったとか。

天は才能を2つも3つも授けるんですねw

スポンサードリンク

2010年代

GReeeeN(12年~13年)

2012年 雪の音
作詞・作曲:GReeeeN

 

歯科医と仕事を両立しており、
顔を一切テレビに出さないアーティストとして、
有名なバンドですね。

メンバーはHIDEさん、naviさん、92さん、SOHさんの
4人組です。

 

GReeeeNというバンド名は
“Green Boy”という新人未熟者という言葉の造語。

「まだまだ未完成であり続ける、未知の可能性」

という意味を込めて名付けたそうです。

頭が良い人は言うことも一味違いますね。
私には到底及びません...
 

SEKAI NO OWARI(13年~14年)


2013年 スノーマジックファンタジー
作詞:Fukase 作曲:Nakajin

 

2011年にメジャーデビューした、
Fukaseさん、Saoriさん、Nakajinさん、DJLOVEさんの
日本人、4人組のバンドです。

4人ともFukaseを通した幼稚園から高校までの
友人同士。

メンバーと仲間のスタッフで一軒家を借り、
共同生活をしているのは有名ですよね。

 

今でこそメンバーは揃ったパフォーマンス衣装を着ていますが、
活動当初は各々私服姿で活動していたそう。

歌もそうですが衣装にも独特な世界感があり、
我々を楽しませてくれますよね♪

back number(14年~15年)

2014年 ヒロイン
作詞・作曲:清水依与吏

 

2011年にメジャーデビューした、
清水依与吏さん、小島和也さん、栗原寿さんの
3人組のバンドです。

フィギアスケートで活躍中の
羽生結弦選手がファンとして有名ですね。

 

back numberのバンド名の由来は、

「付き合っていた女性をバンドマンにとられた。彼女にとって、振られた自分はback number(型遅れ)だから」

だとか。

過去に相当なアレがあったんでしょうか?

...ね?w

MAN WITH A MISSION(15年~16年)


2015年 Memories
作詞:Kamikaze Boy・Jean-Ken Johnny 作曲:Kamikaze Boy

 

2010年に謎に包まれたバンドとして活動がスタート、
頭はオオカミ、身体は人間という究極の生命体?。

メンバーはTokyo Tanaka、Kamikaze Boy、
Jean-Ken Johnny、DJ Santa Monica、
Spear Ribの5人で構成されています。

 

公式な設定として、

19XX年、地球が度重なる戦禍に見舞われていた時代、エレクトリックレディーランドと呼ばれる地球の最果てで、天才生物学者であるジミー・ヘンドリックスによるマッドサイエンスの結果生まれた生命体。
ジミー自身はギターを趣味としていたことで、音楽の能力がプログラミングされた。
超人的な肉体と頭脳を持つため、アドルフ・ヒトラー、ヨシフ・スターリンと言った権力者から、ギレン・ザビに至るまで利用されることとなり、罪の意識に苛まれたジミーは誰の手にも渡らせぬよう、命と引き換えに南極の氷河の中に氷漬けにした。

とされています。

なんのこっちゃか良く分かりませんが、
謎に満ちたバンドという位置付けなんですねw

 

曲を聞くとその見かけからは想像できないほど、
透明感のある声と音楽。

不思議な感覚ですね~♪

[Alexandros](16年~17年)

2016年 SNOW SOUND
作詞:? 作曲:?

 

2001年にこのバンドは結成され、
[Champagne](シャンペイン)として活動、
2014年4月に[Alexandros](アレキサンドロス)と
バンド名を変えました。

メンバーは、川上洋平さん、磯部寛之さん、
白井眞輝さん、庄村聡泰さんの、
4名で構成されたバンドです。

 

バンド名の変更の理由は、
フランスのシャンパーニュ地方にある、
ワイン生産同業委員会日本支局から
要請を受けたことによるそうです。

バンド名に[]が付いている理由には、
・バンド名をラベルのようにしたかった。
・”格好をつける”と掛けている。
というものがあるとされています。

 

この曲は実はまだ、
配信がまだされていません。

2017年1月4日から配信がスタート、
2月にシングルがリリースされる予定です。

分かり次第アップしたいと思います。

それまではCMの映像でお楽しみください♪
コチラで紹介しています。
JRSKISKI2017のCMへ出演した女優や俳優情報まとめ!

まとめ

2016年12月現在までのJRスキーCMに使用された、
CM曲をご紹介してきました。

どの曲も一度聞くと暫く耳から離れない、
そんな良い曲ばかりでしたね。

みなさんも気になった曲があったら、
教えてくださいね♪

 

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。