ディズニーランドの楽しみ方は、
人それぞれだと思います。

イベントを楽しみたい方。
新アトラクションにとにかく乗りたい方。

色々ある中でも...

アトラクションを存分に愉しみたい!
どうせなら空いてる日に行きたい!!

そんな方の為に、
年間を通した過去の混雑状況を調べてみました。

 

どの月が空いているのか?
各月の中でもどの曜日が空いているのか?

人気アトラクションの待ち時間の目安は?

をご紹介したいと思います。

目からウロコ的な、
意外な情報があるかもしれませんよ♪

スポンサードリンク

調査対象や分析期間

過去の実績データは、
こちらのサイトから参考にさせて頂きました。
http://www15.plala.or.jp/gcap/disney/

分析した期間は、
2014年の4月~2016年11月現在までの
約3年弱の期間としました。

 

理由は、
2011年~2013年は6,200円だった1dayのチケット代が、
2014年を起点に毎年値上がっているからです。

2014年には6,400円
2015年には6,900円
そして2016年には7,400円になってしまいました。

 

もう一つはチケット代が値上がったのは、
4月からなんですよね。

ということで2014年の4月からデータをまとめてみました。

3年間の動向

毎年のチケット代の値上がり。
我々には痛い話ですよね^^;

でもこの値上がりって、
実際客足にどの様な影響を与えているのでしょうか?

 

2016年は4月から11月しか実績が無いので、
2014年、2015年も4月~11月に絞って観てみましょう。

<日当たりの混雑指数や待ち時間>
2014 2015 2016
混雑指数 38.4 33.1 29.4
人気アトラクションの待ち時間 76分 62分 53分

年を追うごとに入園者数が減っていることが、
確認できました!

待ち時間が日当たり20分以上も短くなっているようで、
混雑が解消されているようですね。

人気アトラクションの待ち時間とは?

ディズニーランドの人気アトラクションと言えば、
下記の6つが挙げられます。

◯ビックサンダー・マウンテン
◯スプラッシュ・マウンテン
◯プーさんのハニーハント
◯スペース・マウンテン
◯バズ・ライトイヤーのアストロブラスター
◯モンスターズ・インク”ライド&ゴーシーク”

参考元のサイトでもS級として、
紹介されていました。

この6つのアトラクションの
待ち時間を日当たりに平均したものが、
表にある数字です。

 

しかしながら、
待ち時間は混雑状況に比例します。

気になったので、
各年毎に待ち時間/混雑指数と計算してみたところ...

2014 2015 2016
待ち時間/混雑指数 2.0 1.9 1.8

つまりは、
”混雑指数×2.0=待ち時間の目安”
になるようですね。

スポンサードリンク

何月が一番空いてるの?

年間を通して月毎に分けた時に、
どの月が一番空いているのでしょうか?

見比べてみたいと思います。
※1.2016年は12月以降のデータが無いので、
参考程度としてください。
 2016年に注目してみると、
必ずその順位というわけでもないですね。

しかしながらどの月も
2016年の方が低い混雑状況になっていますし、
傾向は良く似ていますよね。

月毎の要チェックポイント

まずコレを見て驚いたのは、
大型連休のある5月、8月、1月が
上位に入っていること。

大型連休中の混雑はみなさんご存知なところ。

連休の日程を外したら”実は狙い目”
なのかもしれませんね。

 

もう一つ注目な所は、
”大型連休の前後の月が上位にいる”
ということ。

4月、6月や7月、9月のことです。

考えてみれば大型連休の前後って、
色々催しがありますもんね。

学生さんなら期末テストや
仕事していれば連休の工事計画や、
連休前の決着毎だとか。

そういった催しなどが影響し、
この時期は遊びに行けないのかもしれませんね。

 

逆に10月、11月、12月と2月、3月は
避けた方が良いようですね。

ハロウィンやクリスマスのイベント時期や、
学生達の卒業旅行など。

こういった時期はやっぱり混雑するんですね。

スポンサードリンク

何曜日が一番空いてるの?

まずは考え方として、
祝日は代休含め除外しました。

週末が祝日の場合も除外しました。

これらを踏まえた上で次の表を見てみてください。

みなさん、大方の予想通りの
結果ではないでしょうか?

 

平日の中日は、
木曜日、火曜日、水曜日の順で
やっぱり空いてるんですね。

週末の前後で見ると、
月曜日よりも金曜日が。

週末で見ると、
土曜日より日曜日が空いているようです。

曜日毎の要チェックポイント

週末で行くことを考えた時プラントして上がるのは、
①金曜日に有給を取って金・土・日と遊んで日曜に帰る。
②月曜日に有給を取って土・日・月と遊んで月曜に帰る。

このどちらかだと思います。

 

①と②のプランの差を考えると、
金曜日と月曜日の差は2.2です。

たった2.2の差なので、
”×2分”でアトラクションもたった4.4分差。
と、あまり差が無いように感じますが...

 

ちょっと待ってください!!

帰る最終日はパークの最終営業時間までいるでしょうか?

混雑した日曜に早く帰るのと、
空いている月曜に早く帰るのとでは、
結構大きな差が生まれると思います。

どちらかが得かと考えると、
①の金・土・日の方が良いのではないでしょうか?

営業時間最後まで遊ぶよ!
って方には当てはまらないかもしれませんがw

 

祝日はやっぱり避けた方が無難なようですね。

他の曜日に対してデータの量が少ないのに、
これだけ下位まで回るということは、
どの日も混雑が予想されますね。

まとめ

2014年の4月~2016年の11月までの実績から、
月毎、曜日毎の混雑状況を比較してみました。
ディズニー旅行のプラン立てに、
このデータを参考にして頂けたら幸いです。

 

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。